2018年のジャガイモはマルチなしの逆さうえで植えつけてみました

2016年、2017年と連続でマルチを張っての逆さ植えに挑戦しましたが、今年のジャガイモは逆さ植えのマルチなしでの栽培になりました。

その様子を報告したいと思います。

ちなみに、昨年のジャガイモの収穫の記録がなかったので、出来たら後で思い出しながら写真と共に記録に残したいと思っています。

 

 

スポンサーリンク

2018年、最初にジャガイモを植えたのは2月5日でした

2018-2-5じゃがいもの逆さ植え

ヤッパリ我が家で植えるじゃがいもはこんなのです。

もう待ちきれなくてすっかり芽が出ているジャガイモの種イモ。

それを・・・

 

2018-2-5-1じゃがいもの穴掘り

今年はマルチをしないつもりだったので、ジャガイモを植えるための溝を掘りました。

今までは黒マルチをして浅植えにしたから溝は掘らなかったんですよね。。

 

2018-2-5-2じゃがいもチドリ

チドリになるように置きました

少しでも狭い土地に少しでも多くのジャガイモを植えたいとの思いからです。

何といっても、最初に見たように、芽が出たジャガイモがたくさんありますから。。

たくさん芽が出ていますが、なるべく逆さ植えになるように芽は下を向けるようにしました。

 

2018-2-5-3じゃがいも植え付け

このように、じゃがいもの上に2センチくらいの土を被せて手で押さえつけました。

本来ならば全体にもっとたくさんの土を被せて発芽を待つのだと思うのですが、マルチをしない上に、少し早い植え付けだったので、日中の日差しを浴びて温まった土の暖かさをジャガイモが感じるくらいの土を被せたらよいのではないかと思ったからです。

でも、これ、被せる土が少なすぎました。。

 

・・・というのも。。

 

2月18日の様子

上の写真と同じ場所を撮ったのですが、撮る向きが違いました。

横長に見える向きから撮ってしまいました。

2018-2-18のジャガイモ

植えつけたジャガイモは、その後の風雨ですっかり顔が出ていました!

これでは布団をかぶっていないのと同じです。

↓黄色く〇で囲ってみました。

風や雨の当たりやすさでしょうか?

チドリに植えた片側のジャガイモだけが顔を出しています。

これではモロに寒風にさらされてしまいますので、急いで土を被せました。

それでも、その時は慌ててしまって前と同じように土を被せただけでした。。

3月13日の様子

2018-3-13じゃがいもの芽が出ました

3月13日、じゃがいもの芽が出ていました。

この芽にはまた土を被せておきました。

そして、注目してもらいたいのは黄色の線で囲ったここ↓です。

2018-3-13-1じゃがいもの芽

上の方の黄色い〇で囲んだところです。

手前のに見えるじゃがいもの芽と比べると明らかに芽の出方が違います。。

芽が小さいのは寒風にさらされて寒かったからでしょうか?

一応前に土を被せておいたのですが、またまた顔を出していました。

もっと全体に土を被せておくべきでした。

まあ、芽の出方はそれぞれ違うと思うので、はっきりしたことは言えませんが、来年はたくさん土を被せておこうと思います。

種イモを購入してじゃがいもの植え付け適期にもジャガイモを植えつけてみました

写真を撮り忘れたのですが、2月に植えた我が家で保管してあったジャガイモだけではなくて、今年はちゃんと種イモを購入して3月に入ってから植えつけてみました。

というのも、昨年は家にあったジャガイモだけを植えつけたのですが、そのすべてのジャガイモの葉が、なんとなく病気みたいに見えたからです。

今年は植えつける場所も変えてみたのですが、種イモの問題かもしれませんので種イモを購入して家で保管してあったジャガイモと比較してみようという訳です。

 

↑ 男爵の種イモです

 

小さめの種イモはそのまま植え付けました

2018-3-17-1種イモ植え付け

今度は幅が狭かったので、1列に植えました。

写真のように置いたジャガイモの上に土を被せて植え付け終了です。

 

大きなものは半分に切って逆さ植えで植えつけました

2018-3-17-2半分に切った種イモ

植えつけようと思ったら大きかったのでその場で半分に切りました。

本来ならば前もって切っておいて、乾燥させるか、それともケイ酸塩白土や灰を用意しておいて、切り口に粉をつけてからの植え付けになるのでしょうが、私の場合は本当に行き当たりばったり。。

大きめの種イモを切ってからシートの上に放置しておいて、他の作業をして、帰る前に切った種イモを植えつけることにしました。

切ってすぐに植えつけるのと違いは無いかもしれませんが、気分の問題です。

少しは乾燥してくれると思いましたので。。

 

 

2018-3-17じゃがいもの逆さ植え

植えるときには切り口を上にして逆さ植えで植えました。

3月17日に植えたジャガイモは男爵です。

この男爵を植えるときに思ったことがありました。

それは、種イモについてですが、いつも私が種イモを購入するときには切るのが面倒なのでなるべく小さな(なるべく1つ50g程度の)種イモが入っているものを選ぶことが多いのですが、小さな種イモからは小さいじゃがいもが育って、大きい種イモからは大きいじゃがいもが育つなんてこと、ないのかしら?

という事です。

今までは思ってもみないことでした。

大きい種イモだと切らなくてはいけないから、そこから腐敗しやすかったり、植えつける前に切り口が乾くように日数を見て種イモを切っておかなくてはいけなかったり、何かと面倒だと思っていました。

なのでなるべく小さなものを選んでいたのです。

その考えこそが間違っていたとしたら・・・

今年は丁度めったに種イモを切らない私が種イモを切って植えつけましたので、チョット比べてみたいと思います。

比べるならやっぱりちゃんと1週間くらい早く種イモを切ったり、灰をつけたりして腐らないようにしておけば良かったですね。。

コメント

トップへ戻る