花の種をいろいろと収穫しました

nami先日種取りが好きだと書きましたが、今はいろんな種が取れる時期です。

という事で、昨日は朝から玄関先にあるいろいろな種を収穫したので、その報告です。

スポンサーリンク

ノースポール(クリサンセマム)の種を取りました

ノースポール

↑ノースポール(クリサンセマム)というのはこのお花です。小さな菊のようなお花です。

9月のお彼岸頃から10月にかけて種をまいて育てます。早いと12月にはお花が咲き始めて5月まで楽しめるので、冬の間のお花としてとってもかわいいので我が家では毎年育てています。

まあ、今までほとんどこぼれ種で育ってきていました。

ノースポールの種の収穫

ノースポールの種のでき方

ノースポール(クリサンセマム)の種のでき方はこんな↑感じです。花が小さいので出来る種もすごく小さいです。

小さくても頑張って収穫した種がこれ↓です。

ノースポールの種

とても細かくて、どれが種だかよくわからないので、花がらも入っています。もうこのまま保管して、秋になったら花殻と一緒に種をまく予定です。

今年のノースポールは・・・

何を隠そう、今年の花は去年の春に自家採取した種を秋に蒔いて育てたものです。その時にも花殻も一緒に保管したものを蒔きました。今までは毎年ほとんどこぼれ種で育っていたのですが、去年はあまりノースポールの花が咲かなかったのです。

なのでやっぱりちゃんと種まきをして育てなきゃダメだな~と思って去年は種まきをしたのでした。nsmi

初めて種まきをしたのですが、思ったよりも発芽率が良くて、密植になってしまってあまり上手に育てることが出来なかったです。

こぼれ種だと密植になって育つのに困るほどたくさんの芽が出るという事はないので、自然って不思議だな~と思ったのでした。

ノースポール(クリサンセマム)の種

キンギョソウの種も取りました

キンギョソウ

我が家のキンギョソウも↑こんな感じのピンク色です。この写真は素材屋さんから借りたものですが・・

最初に植えたキンギョソウは黄色ともう少し濃いめのピンク色でした、毎年咲くって知らなくて・・普通は1年咲いたら終わりですよね・・でも、我が家に最初に植えた黄色のキンギョソウは元気が良かったのか、土があっていたのか、何年か続けて咲いてくれました。

オマケに種がこぼれてこぼれ種からも金魚草が増えましたよ。

でも、こぼれ種から育ったキンギョソウはあまり大きくならなかったかな?

我が家の場合には土に肥料を入れないので大きくならなかったのかもしれません。

それで次々に出てくるので次々に抜いていたらいつの間にか2色のキンギョソウは玄関から消えていた、という訳です。

 

寂しくなって、ピンクのキンギョソウを植えたのはいつだったかな?

いつ植えたのかは忘れましたが今から数年前です。今度はなくならないように気を付けていたつもりでしたが、やっぱり金魚草があまり見えなくなってきたな~と思っていたのですが・・・今年のキンギョソウはに続きます

キンギョソウの種取り

キンギョソウの種のでき方

金魚草の種のでき方はこんな感じ↑です。

そして、昨日取った種はこちら↓です。種を包んでいる部分に穴が開いているのが見えるでしょうか?

上の写真の茶色くなったものにはまだ穴が開いていませんね。

金魚草の種

赤丸で囲った部分です。

きんぎょそうの種

この部分から種がこぼれるようにできているみたいです。

こぼれた種は小さいですが、ノースポールよりは大きいです。

今年のキンギョソウはアリのお蔭?

ピンク色のキンギョソウを植えたあと予定通りこぼれ種から新たに発芽していましたが、やっぱりそのうちに存在感がなくなってきました(こぼれ種から育つと小さくしか育たなかったから)

でも去年、玄関の横の砂利の所から結構立派なピンクの金魚草が生えてきたんです!

思うに、アリが金魚草の種を巣に持ち帰って、そこで発芽したのではないのかな~?

だって、ちょうどアリの巣があるところから金魚草が育ってるように見えるんですよね。

なので、いま取った種はアリのお蔭で生えた金魚草です。そして今年の秋はちゃんと取った種を育てて玄関に植えたいなと思っています。

キンギョソウの種

ペチュニアの種も取りました

ペチュニア

ペチュニアはこういう↑花ですね

種から育てるときには秋まきと春まきと出来るようです。

しっかりと肥料をやって咲かせれば大株になると思うのですが、我が家では肥料をやらないのであまり上手に咲かせることが出来ません💦

梅雨の時期に切り戻すと夏の間もたくさんの花を咲かせてくれます。

私にとってペチュニアはいろいろなおうちの玄関や庭に大株で育っているのを見て、やっぱり花には肥料をあげようかな~と思わせる花です。

ペチュニアの種取り

ペチュニア

赤く丸で囲んだ部分が茶色になったら種を取ります。

 

 

ペチュニアの種

茶色くなったものが上の写真です

 

ペチュニアの種

上の写真の種を開いてみるとこうなります。

小さな種が中にびっしりと入っています。

今年のペチュニアは

たくさんある今までの写真を探したのですが、今年のペチュニアの元になる花の写真が見つかりませんでした。

種も苗も買っていないのでこぼれ種から育ったことは間違いないのですが、今まで育てていたのはもう少し赤い花が多かったのです。

例えばこれ↓です。

ペチュニアがこぼれ種から花を咲かせました!
  昨年の夏に花を咲かせていたペチュニアですが、その時に花柄摘みをしなかったらた~くさんの種ができていたのです。それで、その時にできていた種をあちこちにばら撒いていたのですが、そのうちの一つから赤紫の花が咲いたようです!花が咲くまで気が付...

でも、やっぱりもう少し赤いんですよね。。なので違うかな~と思います。

それで、探し当てたのがこの↓写真です。

2016年の5月の写真なのですが、サカタの種のオリジナル商品クリーンピアのブルーの苗を買ったのだと思うのです。

苗を買ったから買った苗の名前が分かるように写真を撮っておいたのだと思います。そうなると、この苗を育てて2016年、2017年、2018年の3年間の写真をいろいろと見たのですが、どこにも写っていなかったのです。。

でも、ブルーなので多分あっていると思います。

そうなると、2016年から3年間私の管理しないところで順調にこぼれ種で育っているという事ですね! すごいです。

でも、さっきサカタの種のホームページで確認したら、このクリーンピアは6月の中旬くらいまで種まきが出来るようでした。

なのでいま取った種を今蒔けばもしかしたら夏にペチュニアをたくさん咲かせることが出来るかもしれないと思っています! (もちろん肥料をやるつもりです)

なので、さっそくこの種をまいてみようと思っています。

ペチュニア クリーピアの種

ビオラの種も取りました

ビオラはこのサイトでも何度か登場しています。

ビオラが咲きました
去年の11月の初め頃畑にまいた種から、ビオラの花が咲きました。これは命拾いをしたビオラです。実は家にあった種を片っ端からまいたのですが、うっかりそれを忘れてしまい、草むしりでこれまた片っ端から抜いてしまっていたのです。で、ふと、「これ、ビオ...
かわいいビオラ咲いています
4月も終わりに近づいていますが、先日は数日寒かったのですね でも今日はとっても暖かかったです (^^♪ 我が家の玄関に咲いているパンジーもようやく元気がよくなって来てこんもりして来ました^_^ 花が元気に咲いて...

そして、こぼれ種から咲くというのを繰り返していると、こんな色↓が残っていきます。

ビオラ

ビオラはこんな↑はなです。

夏の終わりごろに種をまいて育てます。

早いと12月ごろから5月頃まで花が咲きます。

ビオラの種

昨日取ったのはほんの少しだったので、去年の様子の写真です。

ぴんとは今一つですが、ビオラの種が写っています。

ビオラの種

↑昨日取ったビオラの種です。

よ~く見ないと見えないくらい量が少ないので、もう少ししたらまた収穫したいと思います。

今年のビオラは

 

日陰で育ったビオラ

↑こんな風に色が薄くなりました。元々こんな種類だったのかな?

去年は種を取ったのでたくさんの自家採取した種をまいたのですが、発芽率が今一つでした。

今後も命のリレーが続けばよいなぁと思っています。

ビオラの種

コメント

トップへ戻る