種はいつ出来る?

来年は自家採取の種をまいて野菜を育てよう!
なんて張り切っていたのですが、待ちきれなくなってしまいました。

だって、いつまでたってもブロッコリーは枯れてこないし、春菊だって花盛りなんだもの・・・。

ブロッコリーの種を取ろうと、春にある程度収穫した後、種が出来るのを根気良く待っていたのですが、これが次から次へと花が咲き、最初につけた実もなかなか黄色くはなりません。
後から咲いてくる花をつんで、初めに出来た実を育てようとしたのですが、この案もなかなかうまく行きませんでした。  (というか、待ちきれない・・・。)

ブロッコリーとブロッコリーの間に、夏に収穫するためのナスの苗を植えてあるのですが、このなすの成長が悪いのは周りのブロッコリーが大き過ぎるからではないかと思うようになり、こう思い出すともう種は諦めてナスを育てなきゃという使命に駆られてきちゃったのです。

それでとうとう、ブロッコリーを引っこ抜いちゃいました。それで思ったのは、「種はいつ出来るんだ?」ということ。
今実がなっているこの緑色の物体はまだ種にするには未熟なんだろうか?それともこれを乾燥させてまいたら秋には芽が出るんだろうか?

ブロッコリーの種はいつできるのか?

ということで、実験的に大きそうな一部分をカーポートにぶら下げて乾燥させることにしました。
それがこの写真です。

さてはてどうなることやら。
秋にまいてみることとします。
 
ちなみに春菊は一部を残して半分以上を刈り、畑も少しはすっきり。
これでナスも大きくなるかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事