サフィニア2005

2005年3月19日のサフィニア

サフィニアの株2005の写真

おととしくらいからの苗です。結構大きめですよね。
いつも冬に適当に抜いてしまうので、これがどんな色の花かは自分でも分かっていません。花が咲いてから、ああ、この色だったのかと気が付くのです(^^;)

放置で結構たくさんお花が咲くので、ずぼらな私にはありがたい品種です。何色の花が咲くのかな?花が咲くのが楽しみです。ピンクか紫が希望です。

4月10日のサフィニアの花

サフィニアの花2005

ちらほらと花が咲いてきました。 色は希望通りの濃いピンクだったので、喜んでいます。
この花はアブラムシのせいか、もともとなのか、触るとベタベタするのがたまにキズ。
たぶんアブラムシのせいだと思います。

・・・と思ったのですが、サフィニアがベタベタするのはアブラムシのせいではありませんでした!
このベタベタがサフィニアを病害虫から守ることに役立っているそうですよ。すごいですね~

サフィニアとペチュニアの違いについて

サフィニアを一昨年ぐらいに買ったので我が家に咲いている花がサフィニアだという事が分かるのですが、お店で売っているとサフィニアなのかペチュニアなのか、見た目がそっくりで分からないことが良くありますよね。

なのでちょっと調べてみました。
wikipediaによると。。

サフィニアはサントリーと京成バラ園芸が共同で1989年に開発したペチュニアの園藝品種

という事でした。なので、ペチュニアから品種改良してサフィニアという品種が生まれたのですね。なのでお花の形がそっくりなのは当然ですね。
さて、違いですがざっくり言うと・・

  1. ペチュニアは雨に弱いが、サフィニアはペチュニアよりも雨に強い
  2. ペチュニアは色が豊富、サフィニアの色は段々増えているところ。
  3. サフィニアの方が病気に強い
  4. ペチュニアは種で増やすことができる。サフィニアはさし芽でふやす事ができる。

まあ、なんといってもサフィニアはペチュニアの1つの品種という事だそうですが、ペチュニアにそっくりなので私はてっきりペチュニアの仲間だと思っていたお花にミリオンベルがあります。

でもやっぱりミリオンベルはペチュニアの仲間ではなくてカリブラコアというお花の仲間だそうです。こちらによると

カリブラコア属は、1990年にペチュニア属から分割されてできた新しい属で、25種からなります。

という事なので、やっぱりもともとはペチュニアの仲間だったのですね(#^^#)
ペチュニアよりも花が小さくてペチュニアよりも多年草としての性質が強いそうです。
そしてカリブラコアは種でもさし芽でも増やすことができてペチュニアには無い色もたくさんあるそうです。

お店に並んでいる苗についている小さな花がたくさん咲いている写真のポップを見るとカリブラコアも植えたいな~と思いますよね(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事