サラダ菜の作り方 成長の記録 2005年

多分サラダ菜だと思います。
リーフレタスかな?
実はよくわかっていません💦

1回目の記録(3/19)

3月19日のサラダ菜の写真種をまいたのは去年の秋です。芽が出たのはいつかな?

今は3月。

暖かくなってから芽が出たのかもしれません。

2回目の記録(3/24)

3月24日のサラダ菜の写真結構大きくなりました。

写真ではよくわからないかもしれません。

葉の枚数も増え、1枚1枚も大きくなりました。

3回目の記録(4/28)

2005年4月28日のサラダ菜の写真周りのほうから何枚か収穫していくことにしました。
収穫前の写真です。
 
最初は保育園のお弁当の彩りに1枚入れてみました。・・・でもやっぱり食べてなかったケド
その後はサンドイッチの具にしたらみんな食べてくれました。

1枚のサラダ菜の写真

一枚はこんな感じです。
結構上手にできたなぁなんて。

でも、サラダにするにはちょっと苦かったです。
 

4回目の記録(5/9)

5月9日のサラダ菜の写真

暖かい日が続き、結構とうがたって来ました。

ふと横のほうを見るとこんなものが・・・↓

サラダ菜の新芽の写真
新芽が出ていました!

同じ時にまいた種なのですが、今頃大きくなってきたようです。

こんなこともあるのですね(@_@)
さてこっちはいつから収穫できるかな?  

まとめ

サラダ菜はキャベツや白菜と比べて、虫害がほとんどなく育てることができるようです。
なので無農薬、自然農法でもわりと簡単に育てることができるようです。

という事で、農薬も肥料も与えていない我が家でも育てることができたわけですね(^^♪

サラダ菜の種は本当に小さなものなので、たくさん蒔きました。
そして、そのうちのいくつかが生き残って私に姿を見せてくれた、といったわけです。

色々な種類のサラダ菜があるので、挑戦してみると良いと思いますよ。

 

 

せっかく有無農薬、無肥料の自然農法で育てるなら種から有機種子にするのがおすすめです。

 

普通の種を使うよりも農薬なしで育てるには有機種子の方が虫が付きにくくなるとされていますので、結果的に育てやすくなると思います。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事