ナスと赤パプリカと伏見甘長の定植をしました

一昨日、茄子と赤パプリカ、そして伏見甘長の定植をしました。

やっぱり雨予報(一昨日の夕方から昨日雨が降る予報でした)で雨が降る前に定植をしてしまおう!

・・って思って頑張って仕事のあと、暗くなるまで蚊に刺されながら定植したのに、結局雨はポツリと降っただけでした。

前回はバッチリ雨が降ってよかったのですが、今回は大ハズレ!

最近の天気予報は本当にあてになりません。。

でも、雨が降らなかったので昨日定植後の確認に行くことができましたよ♡

定植後に雨が降るか降らないかは大違いなのです

我が家が借りている畑では定植後に雨が降った作物と、降らなくてお天気が続いた作物では、その後の成長が全く違う事に気が付きました。

写真を撮ってきたら一目瞭然でしたね・・・

今度写真を撮ってアップしたいと思います。

4月24日にスナップエンドウの足元にきゅうりの苗を植えたのですが、その時はあまり雨の事は気にしていなかったので、その後は雨が降りませんでした。

スナップえんどうの足元だったので、そんなに乾燥しないだろうと思っていたのですが、やっぱり乾燥してしまったらしく、その後の成長が今一つの様子です。畑に行くたびに苗を覗いて見るのですが、葉は大きくならないものの葉の数は増えてきて、花もたくさんついて来ています。

こんな風に書くと何だか順調そうに聞こえるかもしれませんが、実際には小さな葉のきゅうりが必死に頑張っている感じで、見ている方もつらくなります。

定植後に雨が降ったら・・

その後、後からまいた種のきゅうりの苗が育ってきたので5月5日にそのきゅうりの苗を植えました。

そちらのきゅうりはグングン今育ってきていて、見るからに順調な感じで、見ている私も見るたびに嬉しくなるほどです。

つるも伸びてきています。

前日に植えたナスとパプリカと伏見甘長は・・

さて、雨が降る前に植えてしまえ! と夕方暗くなるまで頑張って植えた苗たちの様子は、まずまず順調そうでした。

雨が降らなかったものの、幸い日差しも弱かったので乾燥せずに済んだようです。

今日はすごく良いお天気(北海道では30℃予報ですね💦)なので、チョット心配ですが(しっかりと根づくまではもうちょっと曇っていて欲しかったナ~というのが本心ではあります)・・・

苗を植えた次の日である昨日がこのお天気ではなかったことに感謝して、今日も夕方に畑に行って様子を見てこようと思います。

まだまだ苗があるんだけど、それらの苗をいつ植えるのか、が今の悩みです。

何度も苗を植えたのに、何度も干からびさせてしまったので、もうそんなことにならないように私にしては慎重になっています。

だって、せっかく育てた苗ですから。。。

それにおいしいご飯が食べたいですものね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事