2016年浅植えので逆さ植えのジャガイモの収穫とまとめ

6月になって本日関東地方もいよいよ梅雨入りしたようです。

今日は朝から雨が降っていたのですが、今は雨もやんで青空が顔をのぞかせています。

昨日はまだ雨が降っていなくて畑に行ってきたのですが、ジャガイモが枯れてきていたので、雨が降る前に収穫した方が良いかもしれないと思って昨日収穫してきました。

今回収穫したのは、2月11日に浅植えの逆さうえで黒マルチをして植えたところです。

収穫前のジャガイモの様子

ジャガイモの葉が枯れてきた写真

nami6月4日、ジャガイモの葉っぱが枯れてきました。今日から九州地方は梅雨入りとなり、関東地方も明日から雨が降るというので梅雨になる前に今日のうちに収穫することに決めました。

雨だと収穫できないし、雨の後に収穫して腐りやすいのも嫌ですからね。(実際に次の日、関東地方も梅雨入りとなりました)

まずはマルチをめくって・・・

マルチをめくって収穫するところの写真

今回収穫する場所は、2月11日にマルチを張ってマルチの穴に種イモを逆さまにして埋めそその後は放置しておいた場所です。

種イモを植えて2週間もしないうちに強風でマルチがはがされ、もう一度マルチを掛けたのですが、まだ芽が出ていなかったのでだいたい埋めた種イモの場所を予想してマルチを張るという、なんとも心もとない2度目のマルチの貼り方でした。

実際にに芽が出た時には芽が出る場所とマルチの穴がずれていたりしてジャガイモの芽を穴の方に誘導したりもしました。

それでもその後は無事に芽が育っていき、芽カキもすんだころ、またまた強風に会い、せっかく出た芽が根こそぎ抜かれたこともありました。

nami9その後はマルチのお蔭があって普通は何回か行う土寄せを一度も行う事もなく、放置されていたジャガイモです。そんな波乱万丈、放任育ちのジャガイモはキチンと育っているのかしら?

2016-06-04-2

土寄せしていないのでそんなに掘らずにすぐにジャガイモが顔を出しました! ちゃんと育っていましたよ!

これだけ収穫できました(*’ω’*)

収穫したジャガイモの写真

うむ。やっぱり風で飛ばされて苗の数が減った分収穫量もそれなりな感じですが、花も咲かせずに枯れてしまったことを考えると十分な量な気もします。

ホントは逆さ植えと普通植えの比較をしたりしようと思って端の方に普通植えもあったのですが、根こそぎ風に抜かれてしまったので比較はできず。

マルチの穴の位置でどんな種イモを埋めたのか記録もしておいたのですが、マルチの張りなおしによって穴もずれたりして、はっきりとは分からなくなってしまいました。

実は今回はこんな↓種イモを使ていたのです。

種イモにしたジャガイモその1の写真

秋に買った食料用のジャガイモのうち、結構芽が出てきてしまったものがあったので、芽の部分を切り取ります。

普通に種イモにするには50gほどにするのですが、残酷なほどにギリギリで切ってしまっています。モチロン、芽が付いている方が種イモです。そんな風に作った種イモがこちら↓

種イモその2の写真

どれもこれもまったく50gもありません💦

そして、芽の出ていない方ここちら↓はその日の晩御飯に使うことにしておいしく戴きました(*´ω`*)

食料用のジャガイモの写真

そして、全体的に芽が出ているジャガイモはこのように↓して種イモとしました。

種イモその3の写真

芽にあわせて小さく切ったり大きく切ったり。芽がたくさん出ていたものは小さく切り、芽があまり出ていなかったものは大きく切り、といった具合です。

ちなみに、こんなもの↓も実験的に種イモ代わりに埋めてみることにしました。

種イモ代わりの芽の写真

大きく育ってしまった芽や、ポロッと取れてしまった芽です。こんなの埋める人は居ないでしょうね。。まあ、実験です。

実験の結果

今回、強風のために根こそぎ抜かれたジャガイモの葉がありましたが、考えてみればあまりに小さな種イモだったので種イモごと風に引っ張られて抜けてしまったのだと思います。

特に、端に埋めたものほど風の当たりが強かったので根こそぎ行ってしまったと考えられます。対策として、あまりに小さな種イモはやめておくか、畝の端ではなくて中ほどに埋めるかしたらよいと思いました。

実は特に小さかった種イモのところが端ではなかったので普通に育ったようなのです。まあ、マルチがはがれてしまって実際のところは違うかもしれませんが、端から4番目に一番小さな種イモを埋めたのですが、その部分は風で抜かれていなくて、ちゃんと葉が残っていてちゃんと収穫できた部分だと思うのです。

収穫するときにうっかり確認を忘れてしまったのですが、ちゃんとそれぞれの苗から何個のジャガイモが収穫できたのか確認しておくべきでした。そうしなかったので実験が中途半端という事になってしまいました。その点が反省点です。

気になる最後の芽だけを植えたものは

芽だけを植えたジャガイモ

順調に芽がでて育っていました。1つのポットに2本ずつ芽だけを埋めました。もう一つのポットは↓こんな感じです。

芽だけを埋めたジャガイモの写真

さすがに畑に芽だけを埋めるのはどうなるかわからないと思って、ポリポットに植えることにしたのですが、やっぱり根が育つ野菜なのでポリポットは小さかったように感じます。

この写真の後は何だかヒョロヒョロしてきて、畑に移した後に強風にあって折れたのと抜けたのとの跡がありました。やっぱり十分に根が張らなかった事と、窓辺に置いておいただけなので日光不足で育ったこともあって弱かったのだと思います。

そのまま畑に埋めてたらもしかしたら育ったかもしれないのが残念です。

収穫した新じゃがはとってもおいしかったです

収穫したジャガイモですが、さっそく茹でて食べてみました(*’ω’*)

新じゃがを茹でました

収穫したばかりのジャガイモを川のついたままタワシでこすって汚れを落とし、皮ごと茹でました。

茹でたてじゃがいもにマーガリン、粗びき黒胡椒、マヨネーズ、塩など思い思いの物で味をつけて家族でいただきました(*´ω`*) ジャガイモの香りがしてとってもおいしかったですよ~♪

畑にはまだジャガイモがあります(*’ω’*)

実は今回収穫したのは男爵でしたが、まだ畑にはメークインが育っています。

メークインの花

メークインの方は花が咲いています。こちらは強風で抜かれてしまった男爵を見て慌てて4月23日に埋めたものですが、順調に花が咲いてくれたので嬉しく思っています。

植えたのが遅かったから収穫もきっと遅いんだろうな~と思っているのですがどうでしょう。

メークインもおいしいと良いのですが。。

こちらの収穫はきっと梅雨が終わってからか梅雨の晴れ間になるのでしょうね~。楽しみです(*´ω`*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事