末娘が家にあった布で筆箱をで作りしました・・子供に自分で筆箱を作らせる方法

手作りの筆箱の写真1

先日、娘が筆箱がボロボロになったから買ってほしいと言ってきたので、普段の買い物をするお店に一緒に行ったのですが、なかなか思うような筆箱が見つからない(多分我が家から近いそのお店には置いてなかったのでしょうね)様子だったので、何となく「自分で作ってみたら」と言ってみました。

そうしたら、わりと乗り気な様子だったので、筆箱は娘が自分で作ることにして、その時には購入しないで帰ってきました。

実は娘は色々なカラーペンを筆箱に入れているため、ハードケースでは随分と大きなものになってしまい、ソフトケースでは小さめなものがそのお店で売っている主流だったために思うような物がなかったのだというのです。

そして通学リュックに押し込んでも形が変わって、収納力のある布製の物が欲しかったようです。なので、布製なら手作りできるのではないかと思ったのです。

娘が手作りした筆箱、最初の提案は親の私から

いきなりネットで作り方を調べてみなよ、と言っても子供にはどうやって調べたらよいのか見当もつかないと思うので、私が実際に筆箱の作り方とは書いては無いけれども、筆箱に良さそうなポーチの作り方を細かく書いてあるサイトをいくつか探して、その中から選ばせるようにしました。

結局は私が選んだ作り方のサイトではないこちらのサイトを参考にして作ったようですが、取り掛かりのわからない子供にはいくつかのサイトを提示すると、筆箱やペンケース、キャラメルポーチやミニポーチといったものが、作ったら筆箱に使うことができると分かると思います。

後は家にあった布を見せ、気に入ったものを使うことにして娘に任せてみました。
その中でどうしても家にあるファスナーでは色合いが気に入らなかったみたいで、ファスナーを探して3件くらいの100均を見て回りました(^^;)

娘が筆箱を作ったつくり方の順番

実はいつの間にか作り始めてしまっていたため、最初に布を裁断した写真が無いのが残念なのですが、切った布を切ってファスナーを付けたところです

筆箱の作り方2の写真

このファスナー、100均で色が気に入ったので4本100円の物を購入したのですが、完成した後で、せめて1本100円くらいのものを購入したらよかったと思いました(^^;)

なぜなら動きがスムーズではなかったです。
もしかしたら、この1本がたまたま動きがスムーズではなくて、ほかの3本はスムーズに動くものなのかもしれませんが、やっぱり1本25円ととっても安いからなのかな。。と思ってしまいます。

次にタグを着けていました
タグがあるとファスナーを引っ張るときに便利ですよね~(^^♪筆箱の作り方2の写真

次に見た時にはマチが付いていました↓
随分筆箱らしくなってきました。ここまでできたらもう使えるんじゃないの?って思っちゃうくらいですが、裏地も付けるみたいです。
筆箱の作り方の写真3

裏地を縫っていました↓
写真にうつっている手は娘の手です。
筆箱の作り方5の写真

その後、うっかりしていたらすっかり出来上がって、中身が古い筆箱から入れ替えられていました(^^;)
完成ですね。。

そういえば、途中で「裏地と本体をミシンで縫うのが難しくてできない~っ!うぎゃーッ!」と言っていたので、「ミシンが無理なら手で縫ったらいいじゃない」とアドバイスしました。手で縫いつけたあとが見えますね(*’ω’*)
完成した筆箱の写真

どこからかファスナートップも持ってきて付けたみたいですね(#^^#)

担任の女の先生に作った次の日にさっそく見てもらって作ったことを報告したみたいなので、きっと自分でも満足しているんだと思います。

これからいろいろなもの作りに挑戦してほしいですね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事