茄子の種取りました! なので茄子の種を取る方法を書いてみます

前回、種取り用の茄子の実がなってから収穫するまでの記事を書きました。

あれから2週間以上収穫したナスを追熟させて、一昨日ナスの種を取りだしました。

nami11なすの種ってどうやってとるの? って思っていたのですが、やってみたら時間はかかるものの案外簡単でした。

モチロン一番時間がかかるのは茄子がなってからそのまま種ができるであろう時期まで放置する時間です。追熟まで済んでしまえば、あっという間の種取でした。

2週間追熟したナス

追熟させた種取り用のなすの写真

少しですが、シワシワになってきています。

種取り用のナスをいつまで追熟させるべきなのか、ちょっと悩んだのでなすの師匠に聞いてみたところ、我が家のナスはすでに8月から11月までナスの枝で長い期間育てていたので、1週間くらいでいいのではないか、との答えでした。

師匠にそう言われたから1週間で、とも思ったのですが、そのころには私の時間がなかったので2週間以上たった一昨日の種取り作業となりました。

でも、私のイメージではもっとシワクチャになったナスから種を取るイメージでした。それがあまりシワクチャになっていない状態です。これでいいのかな?という思いが出てきますが、まあ良しとして進みます。

種取り用のナスを切ってみます

まず、茄子の上の方3分の1には良い種が入っていないと聞いたので、上の部分3分の1を切ってみました。

ところが!

なすの種取りの写真

nami15何という事でしょう!良い種どころか種が見当たりません。

これにはチョット焦りました。

でも、種がないのはもう仕方がないことなので、切り進めます。

なすの種取りの写真

切っていくと、ようやく種が見えました。

正直言うと、最初に切った部分はまだ食べられそうなくらいのみずみずしさです。

この部分だって、種を気にしなかったら食べられそうです。。種は十分に育っているのかしら?

なすの種取りの写真アップ

アップの写真に写してみると、まあ、心配するほどの未熟さではなさそうです。

ナスの実から種を手で取りだしていきます

本当なら種が実からはがれやすくするために切る前にナスを叩いたり、揉んだりします。

私も一応はやってみました。。
でも、実から種がはがれている様子は全くありませんね。。

なので、手でひたすら種を取り出していきます。

取り出した種はボウルの中へ入れていきます。

維管束に沿って種ができているはずなので、割と種はまとまって存在するので種を取りだすことはそれほど大変な作業ではありませんでした。

でも、何しろこのナス、大きいんです。そして、種が結構あったので小一時間ほどかかりました。

なすの種に水を入れた写真

種を取りだしたら結構な量がありました。これを水で洗います。

浮いている種は捨ててしまいます。

何度も水を替え、指でスリスリして種の周りについていたなすの実を取り除いてみました。

綺麗になったナスの種の写真

それがこの↑状態です。

上の写真と比べるとずいぶんきれいになったのが分かります。

でもね、正直に言うとこんなにたくさんの種は私には必要ありません。そしてちょっと種の追熟具合に不安もあったので、塩を入れて沈んだものだけを我が家の種として保管することにしました。

塩を入れてみる

なので塩をここに入れていきます。なかなか種は浮きません。。なのでどんどんドンドン入れていきます。これはもう意地だというくらいまで入れてみます。するとようやく・・

なすの種の選別

nsmi少し種が浮きました。

既にかなりの量の塩が入っています。海の水くらいのしょっぱさです。

なので、まあ、少ししか浮いていませんが、浮いた種を捨てて、コレでヨシとすることにしました。

それで、出来上がりが下の写真です。

洗った茄子の種の写真

少しは減ったのですが、わかるでしょうか?

この種を来年の2月か3月に蒔いて、育てようと思います。

さて、種取り作業はまだ続きます。

なすの種を乾燥させます

なすの種の写真

なすの種をまず水と分けようと思って、ティッシュに取り出しました。重ねたティッシュに水を吸わせれば簡単です。

そのあと、ティッシュを変えてその場所で乾燥させることにしました。普通は網に入れて風通しの良いところで乾燥させるのでしょうね。

でも、網を探すのがちょっと面倒だったのです(;´・ω・)

そこが間違いでした。やっぱり手間を惜しんでは結果が良くありませんでした。

nami17実は次の日、乾燥した種を移動しようと思ったら、ティッシュに種が張り付いてしまって取れなくなってしまったのです。

ティッシュから種を取るのに、苦労しました。あまり強い力では種に良くなさそうだし、力が弱ければ取れないし。。

なので、皆さんは間違ってもティッシュの上で乾かしてはいけません。もっと固い紙の上・・・ではなくて、網に入れて乾燥させましょう!

私も、今後はティッシュの上では2度と種を乾燥させません。

乾燥させた茄子の種

完成した種です。

・・・よく見たら、ティッシュがまだたくさん付いています。。

でもね、もうこれ以上は無理だと思うんです。多分、種を蒔くときに、濡らせば簡単に取れるはずです。だから大丈夫!

・・と信じて、2月の終わりか3月まで、袋に入れて一緒に乾燥材も入れて、冷蔵庫の中に保管しておくことにします。

ちなみに・・

2番目の写真の種のなかった上の方、何だか食べられそうな気がしたので、節約主婦としては捨てるに惜しく、その日の晩御飯のおみそ汁の具にして頂きました!

何の問題もなく、食べることができました。

それにしても、8月に成ったナスを11月に収穫して食べるなんて、考えもしなかったことです。なすの生命力に感謝!

そして、この生命力を持ったナスから取れた種。来年のナスの成長が楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

コメント

  1. 福本 始 より:

    大変参考になりました。
    今年も、メロンと茄子 に挑戦します。
    少しは要領がおかげで分かりかけました。

  2. nami より:

    初めまして
    コメントありがとうございます(^^♪

    実は昨年取ったこのナスの種で今育苗しています!

    塩を入れて吟味したお蔭かどうかは定かではありませんが、発芽率も良く、昨年よりもしっかりとした苗に育っているように思います。

    育てたメロンとナスから種取できると良いですね~
    また結果が聞けると嬉しいです♡