2017年の味噌作り 結局4月30日になってしまいました((+_+))

2015年には5回もお味噌を作ったおかげで、実は去年は十分にまかなえる量のお味噌がまだあったので毎年恒例の味噌作りをしなかったんですよね・・・

昨年お味噌を作らなかったから、と言ってはいけないのですが、今年のお味噌、2月の中旬には材料もそろい、準備を整えてあったのになかなか作る気になりませんでした💦

ヤッパリ1年空くと作りたくなくなっちゃう。。というか、元々そんなような性格なんです。やらなきゃいけないことをなかなか始められないという・・

毎日の晩御飯の後片付けだってなかなかできないし。ネットオークションに出品しようと思っていてもなかなかできないし。。

ダメですね・・

まあ、そんな訳で遅くなってしまいましたが、ようやく重い腰をあげ、先週お味噌を作ったのでその報告です!

大豆と麹の購入

まずは大豆と麹の購入の話です。

一昨年まで買わせてもらっていた大豆農家さんも跡継ぎがいなかったらしく大豆を作ることをやめてしまったそうです。どこも跡継ぎ問題は大変なのですね。。

そして、去年、麹やさんももう麹を作らなくなってしまって、、

どうしようかと思っていたら、お米を購入させてもらているところで大豆も麹も手に入ることが分かったのでそちらで購入させていただきました。

それも、お米を定期購入しているからと結構お安く分けてもらえて、大満足です。

実はそちらでは仕込みみそを売っていて、本当に面倒になったらそれを買っちゃうかも(^^♪

な~んて思っているのですが、やっぱり自分で材料を買って作るほうが安くて楽しいので今のところは来年も自分で作る予定です。

麹の保存方法

実は1月のころ電話で麹と大豆を送ってもらうお願いをした時に、もしもすぐに味噌を作らないなら麹に塩を混ぜておくとどれだけでも持ちますよ。

と教えてもらったのでした。

その時の電話では、「いえいえ、来たらすぐにでも作りますから」な~んて言っていたのですが、実際に作ったのは4月の末!

現実なんてそんなものです。

でも、塩を混ぜておくと麹が持つと教えていただいて、本当に良かったです。

とりあえず、届いた時に麹に塩を混ぜちゃったんですよね~

もしかしたら、それがいけなかったかな?

麹はまだ大丈夫だと安心しちゃってすぐに味噌作りに取り掛かれなかったのかもしれません。

って、人のせいにしちゃいけませんね。。

4月に入ってもうすぐ5月という頃ようやく味噌作り

ふやける前の大豆

まずは大豆を洗って、水に漬けこみます。

写真は1キロの大豆を洗って、途中まで水を入れたところです。

これから、お鍋の口の方までお水を入れます。

今年の味噌は合計2キロの大豆と2キロの麹でお味噌を作ろうと思います。

なので、もう一つの大決めの鍋にも同時進行で同じように大豆を水で洗って漬け込んでいきます。

2~3日後

2~3日水に漬けたらこう↓なりました。

水につけた大豆

一晩水に漬けただけでは何となくまだ見たいな感じでしたので、もう1,2日お水を増やして待ってみました。

そうしたら、もうこれ以上膨らめません。。というような感じまで膨らみましたので、火にかけます。

火にかけて柔らかくします

大豆を煮ます

大豆を火にかけると、沸騰するころには大豆のあくで泡がたくさん浮かんできます。

今年は写真を撮り忘れたので一昨年の写真↓です。

大豆をゆでます

こんな風になるのでお玉で泡をすくいます。

しばらく泡をすくっていると、だんだん泡が少なくなるので一度大豆をざるにあけてお水で大豆を洗って、お鍋も洗って、もう一度初めから大豆を煮ます。

すると、上の写真ほどではないのですが泡が出てくるので、同じようにお玉ですくって、そのあと大豆を洗って、お鍋も洗って、もう一度火にかけます。

そうやってから、私は大豆を本格的に煮ていきます。

・・・と言っても、そんなに長時間は煮ません。。

まあ、ゆっくりと煮ていきましょう!

例えば夕方からに始めるなら、晩ごはんをつくる時に一緒に煮始めます。

蓋をして火にかけて、沸騰しそうになったら蓋を少し開けてしばらく(5分くらい)煮ます。

それで火を止めて蓋をします。

それでその後は放置です。

夜寝るときに同じようにしばらく煮たらまた火を止めて蓋をします。

そして朝、朝ごはんを作るときにもう一度少し煮ます。

その後火を止めて蓋をして放置です。

仕事から帰ってきて、大豆をまた火にかけます。

その後は放置です。

そんな感じで1日3回くらい、2~3日繰り返すと指で簡単につぶせる位の柔らかさになりますので、そのくらいまで煮ます。

まあ、仕事がお休みで味噌をこねる時間がある日まで毎日煮てもいいかな。 くらいの気持ちで煮ました。

ちょうど今年は4月の終わりくらいに寒い日が続いたので、その寒い間に味噌をこねちゃえ!と結局天気予報を見ながら暖かくなる前の日にこねましたけどね。。

大豆を潰す

毎年、パン焼き機で大豆を潰していたのですが、なんとなく面倒に感じたので今年は指でつぶしてみることにしました。

結局2時間くらいかかってしまいました。。

まあ、2キロだったので量としては大したことは無かったのですが、2つの鍋でゆでた大豆のうち、一つ目は本当に柔らかく茹でてあったので、簡単につぶせたんです。

でも、2つ目の鍋で煮たほうが、少しだけ固かったんですよね。。。

最初にこっちからつぶしていればきっとそれほど感じなかったのでしょうが、2つ目の鍋の方飽きてきたのもあってかなかなかつぶせなくて・・・

それで2時間かかってしまったのでした。

潰した大豆と麹に塩を混ぜたものを混ぜ合わせる

大豆がつぶれたら、いよいよ麹と混ぜます。

普通ならここで、麹と塩をよ~く混ぜるのですが、すでに麹と塩は混ぜてあったので簡単です。

大豆のつぶし忘れがないか確認しながら、よ~く麹と混ぜます。

混ざったらボールの中で1晩放置

つかれたので、とりあえずよ~く混ぜたらボールにラップをして放置することにしました。

  なるべく3月中に今年の味噌は作っちゃおう! ということで、上の写真は2015年に仕込む最後の味噌の材料です。今日は...

↑この実践でもあります。

これで、麹のつぶつぶが無くなればよいのですが・・

もう一度混ぜて樽へ

もう、全く写真を撮り忘れてしまていました💦

なのでヤッパリ昔の写真です↓

樽に詰めました

一晩おいたものをもう一度よく混ぜて丸めて、樽に詰めていきました。

一晩おいたけれども、結局そんなに麹は柔らかくなってはいませんでした💦

水分が足りないかもしれなかったです。。

でも、冬ではないのでなるべく水分少ないほうが良いかと思って水分を足さなかったので、まあ、仕方がありませんね。

樽に詰めた後、きっちりとラップをして、その上に塩を広げて、またラップをして、タフのふたをしました。

そして蓋をした樽をぐるりとラップで包み、もう一度全体にラップをかけてひもで結び、袋に入れて保存します。

袋には味噌を詰めた日にちを書き込みました。

4月30日です。

今年はついついお味噌を作るのが遅くなってしまいましたが、前にもゴールデンウィークに作ったこともありました。

なので、多分大丈夫であってほしいです。

美味しくお味噌ができますように✨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事