がーん! 結局夫の解約月の携帯料金は思ったよりもとっても高かった!

1月が契約更新月だったのでauを解約してmineoの契約をした夫ですが、1月分(請求としては2月分)の請求が来ました。

そうしたら・・・思った以上に高かったです!

1月利用分の実際の請求は・・・

11,554円でした💦

もしかして、毎月の携帯料金、そんなものだよ! という方いらっしゃいます?

夫の11月分のスマホ料金は・・・

2,976円です。 これで、どのくらい私がビックリしたのかわかっていただけたでしょうか?

あ~。。。1月もこの料金が請求されると思っていた私が甘かったです。

ちなみに、12月のスマホ代はこちら↓

11月よりも少し高いです。

解約月の料金が高くなった理由を考える

それでは詳しい内容を見て、なぜ高くなったのかを考えてみたいと思います。

まずは12月分の内訳↓

そして1月分の内訳↓です。

基本使用料

夫のスマホは何かキャンペーンの時に買ったものだったらしく、基本使用料で12月までの割引がありました!
機種限定のりかえ割 という限定の割引が12月まででした💦 いままで請求書をよく見ていなかったのですが、なんと夫は基本料金が0円でした。。

誰でも割りは契約した月にもちゃんと適応されるようです。

オプション使用料

テザリングオプション!

契約の時に、そういえば2年間無料なので付けておきますね~と言われてつけていたテザリングオプションですが、調べてみたら無料期間は11月で終了していました!

11月に解約しておけば無駄なお金を支払わなくてもよかったのですね! 失敗しました。

使っていなかったので、もったいなかったです。こんな状態では自分の事を節約主婦とはとても言えませんね。。

通話料/LTEプラン

通話料/LTEプランの部分は特に変化はありませんでした。

通話が多かった分だけ通話料が増えているくらいです。

請求総額割引欄

スマートバリューが半額になっています!

スマートバリューは2年目から半額になるのでした。。仕方がありません。

スマートバリューは解約月でも適用されるのですね。それはありがたい事ですね。
そして、毎月割は・・あれ?2018年1月までになっていますね!

契約開始から2年で毎月割が無くなると思っていました!

なんと!

それなら契約更新しない方が良かった?

いやいや、毎月割があってもmineoの方が格段に安いです。後悔はありません。

そんな2018年1月まで割引があるはずだった毎月割ですが、毎月割は解約月には適応されないようです。

2,960円の割引がないのは辛いですね。。まあ夫の場合には2年契約も終って契約更新月での退会でしたので、もともと毎月割はないと思っていましたけどね。。

手数料、諸経費

電話番号を引き継いでのmineoへの契約でしたので、MNP転出予約手数料の3,000円は必要経費です。仕方がありません。

もしも契約更新月でなかったら、ここに契約解除料の9,500円がプラスされることになります。今回は契約更新月だたので、その金額は請求されてはいません。

もしここに契約解除料がプラスされたら。。。11,554+9,500=21,054 という事で、夫の1月分のスマホ代、21,054円! になるところでした💦

まとめ

解約月には毎月割が適応されないことは元々知っていたはずなのですが、思っていたよりも解約月とその前の月が夫場合には違っていたので思わず一つ一つ確認してしまいました。

そうして初めて知った今までの夫の契約がとってもお得だったこと!
・基本料金の割引があったり、毎月割が3年あったり・・・

そして、もっと早くに調べておけば回避できた失敗!
・今まで解約月がいつかは気にしていましたが、解約月の2か月前にテザリングオプションは解約しておかなくてはいけないことが分かりました。利用しないならもっと前に解約しても良いかもしれませんね。

こうして2つの請求書を確認して再認識したこと!
・夫はやっぱり月に3ギガもあれば十分です。請求書の一番下にその月に使った量がありますが、0.95ギガと1.25ギガですから、3ギガあったら十分でしょう(^^♪

解約月の支払いが思っていたよりも多くて最初はビックリしました。

でもmineoだったら、毎月3ギガ使えて1,510円!ですから、やっぱりマイネオにしてもらってよかったと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事