ブロッコリーの収穫 2006

nami15今年のブロッコリーはチョット違いますよ~

なにが違うって、種をまいていないのです!

実は昨シーズン収穫したブロッコリーの後から種を取ってその種でブロッコリースプラウトを作ろうと思い、その後めでたく種を収穫したのですが種を取る時には全ての種を収穫しようと思ったって脇からたくさんこぼれってしまうのでたくさん落ちちゃうんですよね。

で、そのこぼれ種から出た芽を夏の終わり頃にあちこちで見かけたので今シーズンは種もまかず、苗も植えず、あたたかーく、勝手に出てきたブロッコリーの芽を見守ってきた。

と言うわけです。節約主婦してはナントも嬉しい話です(*‘ω‘ *)

まあ、バッタが葉っぱを食べているのを見つけたらバッタを裏の空き地へお引越しさせたり、チョウの卵やあおむしを見つけたら取り除いたりはしました。

素晴らしい自然の力に感謝!

いや~やっぱり自然はすごいです。
チャーンと成長してブロッコリーの収穫ができるまでになるんですからね。

こぼれ種から育ったブロッコリーの写真

上の写真を見てもお花が咲いていないので分からないかとは思いますが、ここは畑ではなくて玄関近くの花壇です。
けなげなこぼれ種は畑ではなく、家の端っこの花壇でも芽を出しました。

よ~く見てもらったらわかると思うのですが、大きなブロッコリーの手前に小さなブロッコリーが育っているのが見えると思います。

実はこの2つのブロッコリーは同じ時期に発芽したんですよ!

でも、同じ時期に出た2つの芽ですが、手前の方の苗には散水用のホースが直撃!
一度引っこ抜いてしまったことに気がついた私がすぐに植えなおしたのですが、成長の差は歴然です。

まあ、何とかこのまま成長して欲しいと思っているのですが・・。。(単にたくさんブロッコリーが食べたいだけなんですけどね)

収穫前に三女と記念写真(*‘ω‘ *)

けなげな種は畑ではなく、家の端っこの花壇でも芽を出しました。  でも、同じ時期に出た2つの芽ですが、手前の方の苗には散水用のホースが直撃!一度引っこ抜いてしまったことに気がついた私がすぐに植えなおしたのですが、成長の差は歴然です。  まあ、何とかこのまま成長して欲しいと思っているのですが・・。。(単にたくさんブロッコリーが食べたいだけなんだけどね)

4番めと一緒に収穫前の記念撮影。

けっこう大きくなりました(収穫時期はとっくに来ていたんだけど、都合で収穫を遅らせました。)

我が家の片隅の大自然に感謝!

ブロッコリーのおいしい茹で方(追記)

今さっき、家の庭からブロッコリーを収穫しました。

ブロッコリーは我が家の子供たちも大好きな野菜なので、
家のささやかな庭に秋のうちに植えておきました。

12月に第一弾の収穫をし、その収穫した下の茎のところから
次々と次のブロッコリーが出てきて、今日はその第二段の収穫です。

皆さんはブロッコリーーはどのようにして茹でるのでしょうか?

我が家で大人気の簡単な茹で方を紹介します。
と言っても、そんなたいした方法でもないのですが、
ただのお湯で茹でるよりも驚くほどおいしくなりますよ。

まず、茹でるためのお湯を準備します。
お湯が沸騰したら、普通よりも多めの塩と、ごま油を数滴入れます。

塩の量は普通の野菜のアク抜きをするよりも多めで、
スパゲッティーを茹でるよりも少なめくらい。

そして茹ですぎないように注意をしてブロッコリーを茹でます。

そうするとマヨネーズをつけなくっても良いくらいの味がついて、
とってもおいしくいただけます。

・・・と言ってもマヨネーズ好きの子供はおもいっきりマヨネーズをつけちゃいますが・・・

まあ、何というか、簡単すぎですがコレで終わり。
ぜひ試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事