2005年6月の畑

ミニトマトの写真

なかなか画像をアップできないうちに畑の作物はどんどん成長してきていました。

雨が晴れたのでさっき畑に出てみました。
そうしたらてんとう虫の幼虫が結構いましたよ。

てんとう虫はアブラムシを食べてくれるので無農薬の畑にとってはありがたい存在です。そのてんとう虫は成長する間に見た目が随分変わるのですが、見たことありますか?

今日は2つの形態のてんとう虫を発見したので両方の写真を撮りました。
見比べてくださいね。

テントウムシの幼虫の写真まずは幼虫の写真です。

この姿の虫を畑で見つけて、てんとう虫だと気がつく子供はいるかな?

 結構グロテスクな感じがしますね。

テントウムシのさなぎかな?の写真多分さなぎかな?

上の写真よりも随分とテントウムシの形に近づいているのが分かるでしょうか?

ところで、スナックえんどうは種を取るのをあきらめてもう抜いてしまったのですが、抜く前はそのスナックえんどうにアブラムシが大量発生していたのでけっこう困りました。

でも、そのお蔭かてんとう虫がたくさん来ていたのですが、今日の畑にはてんとう虫の姿はなく、今は幼虫だけになってしまっていました。スナックえんどうを抜いてしまったらアブラムシもいなくなって・・・

やっぱり アブラムシもいないのにてんとう虫を引き止めておく事はできませんね。

テントウムシはアブラムシを食べてくれるので、無農薬の畑にはとっても嬉しいお客様です。

「ああ、この幼虫たちに留まってもらって、我が家の畑の用心棒になってくれるようないい方法はないしら?」 なんて思っちゃいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事